数ある永久脱毛の処理方法、メリット・デメリット

女性が気になる脱毛処理、永久脱毛にはいろいろと種類があり、そのメリット、デメリットを知っておくのは重要だと思います。

主な永久脱毛の方法では、まずニードル脱毛。極細の針を毛穴に挿入し、針に微弱の電気、高周波を流して毛根を壊滅させる方法です。メリットは処置後の毛の再生を停止させるので、脱毛の永久性が高いことです。デメリットは毛一本一本に電気や高周波を流すので、時間がかかることと、痛みが伴うことです。オペレーターの技術によっては、色素沈着をおこす可能性があるので、ニードル脱毛の場合は、医療機関で行うのがよいかと思います。医療機関によっては麻酔を処方して傷みなく処置してくれるところもあるようです。
次にレーザー脱毛。レーザー光線で皮膚中の毛を燃やして毛母細胞を壊すという方法です。メリットは、剛毛からうぶ毛まで、また従来は困難であった色黒の方の脱毛治療も比較的安全に、効果的に行えるという点です。デメリットはニードルほどの痛みはありませんが、照射時にチクッとした熱と痛みを感じること、また脱毛箇所によっては永久脱毛まで時間を要し、費用が高額になってしまうことです。

そして光脱毛。フラッシュ脱毛やIPL脱毛などがあり、光のエネルギーを利用して毛根を消滅させるという方法です。メリットは、痛みや肌のトラブルが比較的少ないことと、広範囲を処理できるため短時間で脱毛処理でき、他の脱毛処理に比べて安価なことです。デメリットは新しい脱毛方法なので、確実なデータがまだ少なく、長い年月を経ての確実な効果がまだ立証されていないことです。

今は永久脱毛をしてくれるエステサロンやクリニックがたくさんあり、地方紙などの巷で出回っている情報誌には競うように宣伝広告がされています。しかしサロンやクリニックは慎重に選びたいものです。一番いいのは実際に行った人の評判ですが、身近にそういう人がいなければ、ネットで人気ランキングを調べるのもいいかと思います。

季節に沿った京都観光がお楽しみいただけます

業務用ペットリボンは♪NOVELTY RinRin

和服を買取するには専門知識が必要です。

【岐阜市】印鑑屋さんといえば賀雲堂印房

イデア綜合法律事務所